【飯塚楽器工房】寒い時期の溶接作業

こんにちは。本格的に冬になりましたが、当工房ではこの時期、溶接を伴う作業を見合わせております。
なぜか?
当工房は、設備と防火の関係上、強い火力を伴う作業は屋外で行っております。しかしながら、気温が20℃を下回ると、溶接部位がすぐに冷えてしまい、十分な溶接ができなくなってしまいます。
そんな訳で、晩秋から初春にかけては、溶接作業を見合わせております。
具体的には、銀ロウを使用した溶接。例えば、パーツの製作などです。はんだ付けは、室内で可能ですが、大型の楽器ですと、工房の広さの関係で対応できない場合もあります。
お客様にはご不便をおかけしますが、ご了承ください。
気温が20℃以上になったら再開します!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント